スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気サプリメントの飲み方と副作用を徹底比較サイトトップ >サプリメントの基礎知識 >>漢方の生薬としての「ウコン」は?

漢方の生薬としての「ウコン」は?

漢方の生薬としての「ウコン」は?

漢方の生薬としては、秋ウコンを「鬱金」、春ウコンを「姜黄」と呼びます。

漢方では、秋ウコン、春ウコンの塊根にあたる「鬱金」には、体のエネルギーである「気」と血液である「血」のめぐりを良くする作用、

体にこもった熱を冷ます清熱作用、鎮静作用、止血作用などがあるとされ、PMS(月経前症候群)や月経痛、情緒不安定などに用いられます。

一方、秋ウコン、春ウコンの根茎にあたる姜黄(春ウコン)には「気」と「血」のめぐりを良くする作用、体を温める作用、痛みを止める作用などがあるとされ、




月経痛や月経不順、関節痛などによく用いられます。

秋ウコン、春ウコンも「血」のめぐりを良くする力が強く、流早産を引き起こす可能性があるので、妊娠中は大量にとるべきではない。

なお、紫ウコンの根茎には、「気」と「血」のめぐりを良くする作用、消化不良を改善する作用などがあるとさせ、

月経痛や産後の腹痛、食べすぎによる悪心や膨満感、腹痛などの症状に用いられます。








theme : 心身ともに美しく健康に
genre : ヘルス・ダイエット

ランキング参加中


banner_23.gif

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。