スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気サプリメントの飲み方と副作用を徹底比較サイトトップ >ポリフェノール >>ウーロン茶ポリフェノール

ウーロン茶ポリフェノール

ウーロン茶ポリフェノール

ウーロン茶に含まれるポリフェノール成分で、抗酸化力が強いとされています。

ウーロン茶の茶葉は、緑茶の茶葉と同じく植物カメリア・シネンシスの葉から作られるが、

ウーロン茶は茶葉を作る過程で、茶に含まれるポリフェノール成分であるカテキンの重合が進むため、

カテキンのうち半分ほどはカテキンの重合体の変わっている。

ちなみに重合とは、カテキンは非常に酸化されやすい物質です。緑茶は、荒茶製造工程中で酸化酵素の働きが抑えられるため、ほとんど酸化しません。




しかし、烏龍茶や紅茶では、酸化酵素の作用で酸化重合物(いわゆる合体カテキンで、テアフラビン類・テアルビジン類が該当)が作られます。

すると、本来は水溶液中では無色のカテキンが、オレンジから赤色となります。ウーロン茶や紅茶が赤っぽい色をしているのはこのためです。

この重合により、食べた脂肪を消化・吸収させずに体外に排出させるカテキンの作用が高まると考えらています。

ウーロン茶の健康効用として体脂肪燃焼や糖尿病抑制、美肌作用などが知られるが、ウーロン茶ポリフェノールの働きによると考えられています。





theme : 心身ともに美しく健康に
genre : ヘルス・ダイエット

ランキング参加中


banner_23.gif

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。