スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気サプリメントの飲み方と副作用を徹底比較サイトトップ >コンドロイチン >>コンドロイチン(サメ軟骨抽出物)とは?

コンドロイチン(サメ軟骨抽出物)とは?

コンドロイチン(サメ軟骨抽出物)とは?

コンドロイチンは、軟骨や粘液に存在するムコ多糖類の一つで、ネバネバした食品に比較的多く含まれ、
動物や植物の食品にも少量含まれています。


人間では関節のクッションの役目を果たす軟骨、皮膚の弾力を保つ真皮層だけでなくじん帯や目、血管など
さまざまな組織に広く分布していますが、加齢とともに減少していくといわれています。


コンドロイチンの成分により、骨の形成や関節炎の緩和の効果が期待されており、
1980年代から研究が始まったコンドロイチンは、骨の形成を補助したり、
動脈硬化や高血圧を予防するなどと言われています。





さまざまな研究の中で、変形性膝関節炎の痛みを和らげたり、
関節痛が減少したという報告がされています。


このコンドロイチンは元々人体に存在する物資です。20代くらいまでは体内で生成されるのですが、
30代以降は生成されることなく減少していきます。


このコンドロイチンは軟骨を形成する物質として非常に重要な役割をもっているのです。
そのためこのコンドロイチンが減少してしまうと軟骨が磨り減っていくため
関節や腰痛などに悩まされてしまうのです。


その痛みの予防のためにもコンドロイチンを定期的に摂取する必要があります。










theme : サプリメント
genre : ヘルス・ダイエット

ランキング参加中


banner_23.gif

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。