スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気サプリメントの飲み方と副作用を徹底比較サイトトップ >メラトニン >>メラトニンの副作用は?

メラトニンの副作用は?

メラトニンの副作用は?

メラトニンとは、脳の松果体から分泌されるホルモンで、時差ぼけの解消にも有効だが
その場合は到着後の眠る前服用するのが効果的とされる。


光とメラトニンを用いることにより、うつ病の症状の軽減にも有効であるという報告もあります。
では、メラトニンの副作用はどうなのでしょうか?
>>>楽天ランキング1位新素材配合!【安心の国産】メラトニンサプリ


メラトニンは、アメリカでは医薬品扱いではなく、栄養補助食品として扱われており、
規制なく誰でも自由に購入できます。


確かに今までの研究結果により発表されているこの物質は、とてもすぐれた効能がありますが確証はありません。
長年の厳重なモニター研究で現在のところ危険性はなく注意を促す副作用もないとされていますが、


いまだラットを使っての実験研究は続いてますので、その効能のあとにくるものは研究途中だということを頭において、
その上であくまでも自己責任のもとご使用を判断されることをおすすめします。





日本では、医薬品扱いですので、製造、販売、個人輸入はできませんが、
個人の利用目的であれば個人輸入できるようです。ネット通販では、代行輸入の会社もあります。


アメリカに旅行に行った際にサプリメント(サプリ)で売っていますので、買ってきて試してみることもできるでしょう。
どちらにせよ、購入時は必ず原料の確認をしましょう。


メラトニンは、植物や動物のもあり、原料が天然性、動物性、または牛もありますが、
これらの原料のメラトニンはウイルスや抗体反応を起すタンパク質を含む恐れがありますので、
避けるほうがよいでしょう。人体で分泌する分子構造と同じ人工性、薬剤性メラトニンが原料の場合は安全です。












theme : 心身ともに美しく健康に
genre : ヘルス・ダイエット

ランキング参加中


banner_23.gif

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。