スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気サプリメントの飲み方と副作用を徹底比較サイトトップ >ニンニク >>ニンニクの歴史「エジプト」?

ニンニクの歴史「エジプト」?

ニンニクの歴史「エジプト」?

ニンニクは、エジプトから中国を通って日本に伝えられたそうです。
古代エジプトでは、ピラミッドの建設に際して、労働者にタマネギ、大根
とともに、ニンニクが与えられたといわれています。
また兵士が持参する食料品の1つでもあったそうです。


現在、ニンニクの最大の産地は中国です。世界の生産量の77%が作られています。
大体、年間100億kgが生産されています。


インドが4%、韓国が2%くらいだそうです。


日本国内で見ると、青森県が70%を占めています。古来、日本では
蒜(ひる)と呼ばれていました。


「古事記」によると、ヤマトタケルが東征したときに、足柄山で白鹿に
化けた坂の神を蒜(ひる)で打ち殺したと書かれています。




「日本書記」にも、蒜(ひる)を体に塗ると、病にならなくなったと
記載させています。


徳川家康は鯛のてんぷらが好きで、ニンニクのすりおろしを
食べすぎ、食中毒をおこして亡くなったという説もあります。


以上のようにニンニクの歴史は古く、それにまつわる伝説も
たくさんあるわけです。


それだけに、効果・効能も結構期待できるかもしれません。
>>>ニンニクサプリに興味のある方はこちら







theme : 健康食品 サプリメント
genre : ヘルス・ダイエット

ランキング参加中


banner_23.gif

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。