スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気サプリメントの飲み方と副作用を徹底比較サイトトップ >カルシウム >>カルシウムの摂り過ぎ副作用は気にしなくて良い?

カルシウムの摂り過ぎ副作用は気にしなくて良い?

カルシウムの摂り過ぎ副作用は気にしなくて良い?

カルシウムは、いうまでもない骨や歯の形成と維持に欠かせない
ミネラル。体内では、その99%までが骨に存在します。
よくカルシウムが不足すると骨折や骨粗しょう症を引き起こす事は
知られています。


そんな重要なカルシウムですが、過剰摂取による副作用はあるのでしょうか?
カルシウムは、一般に吸収が悪いとされており、ビタミンCやD、
クエン酸、オリゴ糖と一緒にとれば吸収率は上がるといわれる。


ですから、カルシウムだけならばそんなに注意する必要は無いのですが、
カルシウムの吸収を促進するビタミンDなどと一緒に服用する場合には注意が必要です。


しかし、一時的に、過剰摂取しただけでは、副作用の心配はありません。
ですが、1日あたりの上限量である2.3g(男女とも)を超えるカルシウムを、
長期間摂取した場合は、副作用のリスクが高くなります。




例として、過剰摂取による主な副作用の症状としては、便秘や下痢、
まれに、腎臓結石や動脈がカルシウムで石灰化、高血圧・筋肉の収縮が悪くなるなどの
症状が出る場合があるそうです。


カルシウムの摂取の目安としては、男性18~29歳が900mg、
30~49歳が650mg、女性の場合、18~29歳が700mg、
30~49歳が600mgだそうです。


カルシウムの上限量は男女ともに1日2300mgとのことです。
これ以上の摂り過ぎは副作用の元ですので注意しましょう。






theme : 健康食品 サプリメント
genre : ヘルス・ダイエット

ランキング参加中


banner_23.gif

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。