スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気サプリメントの飲み方と副作用を徹底比較サイトトップ >癌(がん)の効果は? >>サプリメント(抗酸化物質)は癌に効果があるのでしょうか?

サプリメント(抗酸化物質)は癌に効果があるのでしょうか?

サプリメント(抗酸化物質)は癌に効果があるのでしょうか?

サプリメント(抗酸化物質)が癌(がん)に対する効果を考える前に、
癌の事を知っておきましょう。


癌(がん)は遺伝子の病気だと言われています。活性酸素やフリーラジカル
は細胞成分のタンパク質や脂肪を酸化するだけでなく、
DNAにも異常を与えるとされています。


そのため、高齢になり細胞がさびてくると、癌(がん)が多くなると
いわれてきました。


デンマークとセルビアの学者が癌の発症とサプリメント(抗酸化物質)の
関係を調べた結果があります。




肝細胞がんでもすべての消火器がんでも、サプリメント(抗酸化物質)で効果が
あったのは、セレンだけです。


ビタミンCやEには効果がないだけでなく、発症率を増したというデータも
発表されていました。


最も危険とされたのは、ベータカロテンで、これは単独でも
他の抗酸化ビタミンと一緒に投与しても、癌(がん)を発症させるという
研究もあったようです。


なぜ「セレン」に抗がん作用があるのか?また、それが抗酸化作用の
ためなのかということはまだわかってません。


しかし、それ以外のサプリメント(抗酸化物質)には、寿命を延ばす作用も
抗ガン作用もないということになります。



theme : 身体の悩み
genre : ヘルス・ダイエット

ランキング参加中


banner_23.gif

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。