スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気サプリメントの飲み方と副作用を徹底比較サイトトップ >ビタミン類 >>ビタミンDを過剰摂取すると、尿毒症?

ビタミンDを過剰摂取すると、尿毒症?

ビタミンDを過剰摂取すると、尿毒症?

ビタミンDは、皮膚が紫外線を浴びることによって生成されるものですが、
過剰摂取するとどうなるのでしょうか?


ビタミンDを長期間、過剰摂取すると、血液中のカルシウム濃度が上昇して、
血管の内壁や心臓、肺、胃、腎臓などの内蔵に、カルシウムが沈着しやすくなります。


特に、ビタミンDの過剰摂取で問題になるのが、腎臓(じんぞう)にカルシ
ウムが大量に沈着した場合です。


この場合は、尿毒症をおこして、体調が非常に悪化し、ひどいときは、命に関わる状態になるので、
ビタミンDの摂り過ぎは注意すべきです。


腎臓というのは、身体の「ろ過装置」の働きをしていて、血液や体液に含まれる不純物や老廃物を取り除き、
それを尿として排出しています。




この腎臓に、カルシウムが貯まって障害をおこすと、身体中に不要なゴミや老廃物が、あふれることになります。
このため、身体中に発疹(ほっしん)ができはじめ、尿毒症によって最終的には、生命が危険になります。


ビタミンDの過剰摂取では、尿毒症以外にも、便秘、下痢、食欲不振、嘔吐などの症状が、でてくることもあります。
ただ、ビタミンDの過剰摂取といっても、ごく短期間だけ大量摂取したからといって、すぐに尿毒症になることはありません。


また、食品・食材に含まれるビタミンDのほとんどは、その含有量はそんなに多いわけではありません。
極端な偏食をしないかぎり、普通の食生活をしていれば、問題になるような過剰摂取は、ないと考えてよいでしょう。







theme : 美容・健康・サプリメント☆注目
genre : ヘルス・ダイエット

ランキング参加中


banner_23.gif

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。