スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気サプリメントの飲み方と副作用を徹底比較サイトトップ >アラキドン酸 >>アラキドン酸を含む食品について

アラキドン酸を含む食品について

アラキドン酸を含む食品について

アラキドン酸は母乳に含まれていますが、牛乳には含まれていません。
またアラキドン酸は、脳内の細胞膜の脂肪酸の12%を占めています。


アラキドン酸は、体の中で作り出すのが難しい必須脂肪酸ですが、日常の食事から摂取して補います。
免疫力改善、記憶力向上、粘膜の強化に必要な成分で具体的には脳、
皮膚、血液などからだ全体に存在する重要な成分です。


歳を重ねるにつれて減少するので、不足して体に影響が出るのを抑えるためにも
意識して摂取する必要があります。


アラキドン酸を多く含む食品は、以下のようなものがあります。
豚レバーや牛レバーなど・・・。


レバーは腎臓の肉で脂質が少なくて、鉄分、ビタミンB1、B2などを含んでいます。
よく鉄分不足には体にいいって昔から言いますね。アラキドン酸も含まれていたんですね。


鶏卵:鶏の卵はスーパーの特売でも目玉商品になっていて比較的安く手に入りますから、
殆どの人は毎日食べていると思います。アレルギーやダイエットで卵を食べていな人は他の食品で補う必要がありますね。




イクラやタラコなどの魚卵、エビ、タコ、アワビといった動物性食品にも多く含まれています。


イクラやタラコ:最近はお高いのであまり口にしていませんが、昔から日本人の食卓にはなじみのある食材です。
イクラについては寿司屋でしか食べなくなったかもしれないですが、
我が家のお正月は、おせちの重箱に少しですが入っています。


塩漬けだとたくさん食べるわけにはいかないですね。タラコも普段は辛子明太子でしかあまり口にしませんが、
お正月だけは甘く味付けした「たらこ」を食べます。


エビ、タコ、アワビは大好きなのですが、アワビは買うと高級でなかなか口にする事はできませんが、
エビやタコは時々食卓に出るので美味しく食べています。


一種類の「おかず」だけでは、不足する必須脂肪酸やビタミン、
ミネラルも多くの種類をバランスよく食べる事が必要です。










theme : サプリメント
genre : ヘルス・ダイエット

ランキング参加中


banner_23.gif

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。