スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気サプリメントの飲み方と副作用を徹底比較サイトトップ >ポリフェノール >>ポリフェノールの効果にコレステロールを低下?

ポリフェノールの効果にコレステロールを低下?

ポリフェノールの効果にコレステロールを低下?

ポリフェノールの効果については、いろいろ書かれていますが、
筆頭すべきは、抗酸化作用でしょう。


ポリフェノールの効果では、抗酸化作用はみな同じように効果があると書いております。
呼吸によって体内に取り込まれた酸素のうち、エネルギー生成に使用されず
「活性酸素」となったものは、身体を酸化させていきます。


身体が酸化すると動脈硬化や脳梗塞の原因となりますが、
抗酸化作用によって酸化を防ぐことができるのです。


ポリフェノールの種類は何千種類にも及び、それぞれのポリフェノールの効果・効能が
身体に良い影響を及ぼしていることがわかってきています。




近年は健康に役立つ成分として様々な物質の名前が挙がるようになりましたが、
「カテキン」や「イソフラボン」、「アントシアニン」といった成分はすべて「フラボノイド系」、
「非フラボノイド系」として、ポリフェノールの一種に属するものです。


ポリフェノールの効果・効能として共通する抗酸化作用のほか、例えば緑茶の栄養成分として
すっかりセットにされた感もあるカテキンは、血液中のコレステロールの値を低下させ、高血圧を予防します。


アントシアニンは「紫色」を構成する色素であり、ブルーベリーに含まれることで有名になっています。
アントシアニンは肝臓の機能を支え、眼精疲労にも効果を発揮します。


「大豆イソフラボン」も広く知られるもので、女性ホルモンである「エストロゲン」に良く似た働きをするものです。
大豆イソフラボンは、女性特有の病気に対する予防効果が期待されるとともに、
更年期障害の改善といったアンチエイジング効果も見込まれます。










theme : サプリメント
genre : ヘルス・ダイエット

ランキング参加中


banner_23.gif

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。