スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気サプリメントの飲み方と副作用を徹底比較サイトトップ >ビタミン類 >>ビタミンDの副作用は?

ビタミンDの副作用は?

ビタミンDの副作用は?

ビタミンDは、かつてくる病と関係しているということで注目されていました。
くる病はビタミンD欠乏症の氷山の一角です。


ビタミンDを多く含む食品は比較的、限られており、魚介類、卵、バター、牛乳、きのこ類などです。
植物性食品のほとんどは、ビタミンDの供給源にはなりません。


しいたけなどのきのこ類は、プロビタミンD2のエルゴステロールを多く含む食品ですが、
体内でビタミンD2として作用することはほとんどありません。


ですが、しいたけに紫外線を当てることによってエルゴステロールからビタミンD2が生成されます。
生しいたけよりも、干ししいたけのほうが、ビタミンDを豊富に含んだ食品といえるでしょう。




ビタミンDは過剰摂取すると、高カルシウム血症、肝機能障害、腎臓障害などの症状を招く恐れがあります。
ですがビタミンDは通常の食事から過剰摂取することはほとんどありません。
サプリメントや薬などでビタミンDを摂取するときは過剰摂取に気をつけましょう。


ビタミンDは生理現象として、紫外線に当たると皮膚で生成され主に肝臓に蓄えられます。
そして、血液中のカルシウムおよびリンの平衡をつかさどります。
また、骨や歯のリン酸カルシウムの沈着を促します。






theme : お役立ち情報
genre : ヘルス・ダイエット

ランキング参加中


banner_23.gif

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。