スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気サプリメントの飲み方と副作用を徹底比較サイトトップ >カルシウム >>カルシウム拮抗薬(きっこうざい)とは何?

カルシウム拮抗薬(きっこうざい)とは何?

カルシウム拮抗薬(きっこうざい)とは何?

カルシウム拮抗薬は、「カルシウムチャネル拮抗剤」とするべきものであるが、
日本においては「カルシウム拮抗剤」の名称が一般的となっています。


カルシウム拮抗薬は、血管を広げて血圧を下げる薬です。
日本では、降圧薬としてよく使われています。


カルシウム拮抗薬は、平滑筋にカルシウムイオンが侵入するのを抑制する作用があります。
そして、血管の収縮を抑制して血管での抵抗を減少し、血圧を下げます。


カルシウム拮抗薬は、さまざまな種類の高血圧に対して、降圧の効果があります。
特に、たくさんの高齢者の人にまず、カルシウム拮抗薬が使用されています。




高血圧以外には、「糖尿病」や「高脂血症」の人も使用することができます。
血圧を下げる薬はたくさんありますが、主に使用されている薬は「ベシル酸アムロジピン」
「アゼルニジピン」「塩酸エホニジピン」「シルニジピン」などです。
ゆっくりと血圧を下げていき、長時間作用が継続する薬が主流になっています。


カルシウム拮抗薬の副作用や使用にあたって注意することは、副作用の症状として
「顔が赤くなる」「顔のむくみ」などが現れることがあります。


また、グレープフルーツジュースを飲むと薬の血中濃度が高くなります。
すると、血圧が下がりすぎてしまうこともあります。
カルシウム拮抗薬を服用している人は、基本的にグレープフルーツジュースは飲んではいけません。






theme : きれいになりたい!
genre : ヘルス・ダイエット

ランキング参加中


banner_23.gif

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。