スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気サプリメントの飲み方と副作用を徹底比較サイトトップ >アラキドン酸 >>アラキドン酸が認知症に効果があるのでしょうか?

アラキドン酸が認知症に効果があるのでしょうか?

アラキドン酸が認知症に効果があるのでしょうか?  

アラキドン酸は、脳内の細胞膜の12パーセントを占めています。
その割合はDHAに比べると少ないのですが、非常に重要な役割を持つと
考えられています。


また、アラキドン酸が認知症に効果があると思われている一つに
アルツハイマー病の患者の脳では、アラキドン酸の量が著しく減少していることが
知られているのです。


以上の事からアラキドン酸と認知症に関する研究が進められているようですが
その仕組みはまだ分かっていないようです。


脳の若返りは誰にとっても気になるところですが、これまでもラットによる実験では、
年をとると脳に含まれるアラキドン酸が減少し、それが記憶力を低下させる原因の1つであることが分かっていたのですが、
「アラキドン酸」は、高齢者には脳の働きを活性化することが証明されたとのことです。




認知症は脳が老化することによって起こりますが、残念ながら、脳機能の低下を長期にわたり防げる薬は現在のところないそうです。
そこで、食事や睡眠など日々の生活の基本を改善することにより防ぐことが期待されていますが、
この「アラドキン酸」も特に高齢者の食生活に関わるもののようです。


最近になって、必須脂肪酸の1つである「アラキドン酸」に、脳の老化を改善する働きがあることが分かりました。
脳は、神経細胞とそれを支える細胞から構成されていますが、アラキドン酸はそれらの細胞の膜を作る主要な成分である
ことがわかっていているそうです。







theme : サプリメント
genre : ヘルス・ダイエット

ランキング参加中


banner_23.gif

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。