スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気サプリメントの飲み方と副作用を徹底比較サイトトップ >DHA/EPA >>DHA不足で統合失調症に?

DHA不足で統合失調症に?

DHA不足で統合失調症に?

総合失調症とDHA(ドコサヘキサエン酸)の関係は?


統合失調症とはどんな病気か、ご存じでしょうか?
統合失調症は、思春期以降に発症し、幻聴や妄想など様々な精神症状を呈する精神疾患のひとつですが、
世界中で人口の約1%が罹患すると言われ、決してまれな疾患ではありません。


ではDHA(ドコサヘキサエン酸)は?
DHAは魚脂、鶏卵に多く含まれる物質で、脳や中枢神経、網膜にも
非常に多く存在する脂肪酸であることがわかっています。


そこでDHAが脳の働きに重要な役割を果たしているという考えが生まれ、
「頭を良くする脂肪酸」としてもてはやされるようになりました。


統合失調症は様々な要素が合わさって発症する疾患と考えられますが、
その一つの要素が特定されたという事ですが、




マウスを使った実験で、DHAなどの不飽和脂肪酸に関係する遺伝子が
統合失調症の原因遺伝子の一つであることが分かったとのこと。


妊娠中の不飽和脂肪酸の摂取が不十分だと、
統合失調症発症につながる危険性があるようです。


これだけが統合失調症発症の原因なわけではありませんが、妊娠中に飢餓状態だった母からの子は、
統合失調症を発病する危険性が2倍に高まることが報告されているといいます。


まだハッキリしたことは分かりませんが、妊娠中には魚を食べて
不飽和脂肪酸を摂取した方がいいのかもしれません。









theme : 女性の悩み解消しましょう!
genre : ヘルス・ダイエット

ランキング参加中


banner_23.gif

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。